アニメ「デジモンクロスウォーズ」1~54話までのレビュー - akiraの雑記帳 - Melo Wind

akiraの雑記帳 - Melo Wind

アニメ好きの会社員(1年目)が感想をつづったり、世間と戦ったり、落ち込んだり、ラジバンダリ。

アニメ「デジモンクロスウォーズ」1~54話までのレビュー  

了輔です。

今回はアニメ「デジモンクロスウォーズ」についてのレビューです。
話数が多いので「~編」ごとに分けさせていただきます。
※あくまで個人の主観に基づいた感想に過ぎません。

デジモンクロスウォーズ 1~54話
(無印1~30話、2期31~54話)

アニメ「デジモンシリーズ」4年ぶりの新作ストーリーという事で
ワクワクしつつも今までのデジモンブランドをなくしてしまうのではないか
と複雑な心境で始まりを待っていましたが
いざ始まってみると冒頭で今までシリーズを演じてきたデジモンがシルエットで登場。
ここでいきなり懐古ユーザーの心を掴むと主人公・工藤タイキが登場。
夏の出来事。タイキは一匹のデジモンの声を聴き
アカリ、ゼンジロウと共にデジタルワールドに飛ばされてしまう。
そこで現れたデジモンキングを目指す「シャウトモン」のパートナーとなり
デジタルワールドを冒険するという至ってシンプルなお話ですが
人間とパートナーデジモンの絆がこれまでのシリーズ以上に深く描かれていて
仲間・ベルゼブモンの死で一度は心が折れかけるタイキや
デッカードラモンの命をかけた行動で己の間違いに気付く
タイキのライバル・青沼キリハなど、仲間の死で人間達が一皮剥けるというシーンは
シリーズ史上屈指の名シーンともいえます。
そしてデジモンシリーズに欠かせないのが
アドベンチャーでのアポカリモン、テイマーズでのデリーパー然り
圧倒的破壊力を持つ絶望的なボス です。
今作でもラスボス・バグラモンがタイキ達を
一時は全滅状態にまで陥れたほどの破壊力の持ち主。印象強いです。
クロスウォーズというともう一つのテーマは 「デジクロス」 です。
今までデジモンは「進化」をする事で強化され、強敵と戦ってきましたが
今作の「デジクロス」ではデジモンとデジモンが合体して強くなるという新テーマが生まれて
始めのうちは設定が安定せず懐古ユーザーに反感を買う事も少なくありませんでした。
しかし徐々に合体のバリエーションが増え、最終決戦では進化とデジクロスを利用し
バグラモンを撃破するという 熱い名シーン が生まれました。
今までのシリーズとテーマの違いこそしましたがデジモンというコンセプトは変わらず
シリーズとしてとても素晴らしい出来だったんじゃないかなと思いました。
後半になるにつれて完成度も高くなり、少年の心を燃やすアニメとして 名作 という事で。

Posted on 2011/10/16 Sun. 13:23 [edit]

category: アニメ感想

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nikkou1017.blog.fc2.com/tb.php/526-d2ecae8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Counter

視聴アニメ一覧

記事一覧

検索フォーム

最新記事

最新コメント

リンク